ピックアップ記事
Oracle Java試験の手続き方法とJava Gold合格までの近道

Oracle Java試験の手続き方法とJava Gold合格までの近道

Oracleが開催するJava認定試験

・Oracle Java Silver SE8

・Oracle Java Gold SE8

という試験。

私が受験したのは、もう2年近く前になりますが、全くの業界未経験から約1ヶ月で、Gold資格まで合格できましたので、その時の勉強方法、手続きの流れ等について解説したいと思います。

 

なお記事を書いている現在には、SE11という新しいバージョンの資格が出ているため、もし受けられる場合は、そちらを受験することをおすすめします。

 

Oracle Java資格のメリット

実は、Javaの資格には、Oracleが開催する資格だけでなく、サーティファイが開催する「Javaプログラミング能力認定試験」というものがあります。

しかし、知名度で言えばベンダー資格である、Oracleの資格の方が高いです。

 

せっかく取得しても認知されていない資格であれば、ほとんど意味がないため、私はOracleの主催するJava資格をおすすめします。

 

料金、安く受験する方法

Oracleの試験は、非常に受験料が高いです。

Oracle Java Silverも Goldも約2,8000円

Gold取得には、Silverの取得が必要なため、Gold資格取得には、約5,6000円かかります。

 

そのため、Oracle資格をできるだけ安く受験する方法をご紹介します。

気になる方は、以下の記事をどうぞ。

 

この方法で、約3,000円お得に受験することができ、受験する季節が冬であれば再受験も無料です。

 

受験方法

受験方法がかなり面倒で、苦労した覚えがあります。

少し記憶が曖昧ですが、覚えてる範囲で解説していきますので、誤り等あればコメント欄から教えてください。

 

  1. Oracleアカウントを作成する。(こちらから)
  2. ピアソンアカウントを作成する。(こちらから)
  3. 受験申し込みをする。
  4. CertViewへの初回認証(試験後でも可能、結果を見るのに必要)

 

受験申し込みについては、2つ方法があります。

 

ピアソンから申し込む

Java SE 8 Programmer I」が、Silver。

Java SE 8 Programmer II」が、Goldです。

 

また、試験番号は、「1Z0-808-JPN」のように必ずJPNがついた試験を受けてください。

日本語という意味なので、ついていないものは英語での受験となるようです。

 

チケットを購入する

こちらのが安く受験することができます。

 

勉強方法

私の場合は、このようなペースで進めました。

当時の印象としては、Silverは簡単。

Goldは難しく、不合格時には正答率30%ほどだったため、合格が奇跡に思えたほどです。

そのため、実際は、もう少し時間をかける方が安心かと思います。

 

ここまで、早く合格できたのには訳があります。

それは、この書籍。

Java Goldおすすめの書籍

紫色の本が、解説。

黒色の本が、問題集です。

 

基本的には、この黒色の本をやりこむだけで合格できます。

 

試験では、この本の内容がそのままの問題が3割程度出てきていました。

それ以外の問題も少し言い換えた程度の問題で、わからない問題は1割程度だったため、試験対策にかなり優秀な本です。

 

また、上記でご紹介したのは、SE8の参考書ですが、SE11の本もすでに販売されているようです。

だいたい黒本を2周~3周すれば合格点に届くと思いますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事