Oracle試験を受験するなら冬がお得!【お得に受験する方法をご紹介】

2020年1月27日

Oracle試験の受験量ってとても高いですよね…。

例えば、Javaの試験(Silver , Gold)などは、受験料26600円(税抜き)。

現在の消費税8%をかけると、28728円。

これだけの金額を支払うのは個人では難しいです。

そのため、なるべくお得に受験する方法をご紹介いたします。

 

 

受験するなら冬がお得!

毎年、冬になると、再受験無料キャンペーンが行われます。

受験申込時に、あるキャンペーンコードを入力すると、もし受験に失敗しても無料で再受験することができる、というキャンペーンです。

もちろん、今年も実施しているようです。

キャンペーンコードはOracleの公式サイトで公開しており、今年のコードは「RETAKE20JP 」です。

このコードを受験申込時に入力して下さい。

キャンペーン期間は、1度目の受験を2020年5月31日までに受け終えている必要があります。

また、再受験の場合は、2020年7月15日までに受験すれば良いです。

 

 

チケットを他サイトで購入する

私はいつも楽天でチケットを購入しています。

楽天のサイトを開き、「Oracle」と検索すると、IT試験ドットコムというお店が出てくると思います。

こちらの店舗が販売しているチケットを購入すると少しお得です。

通常の手順で受験申込をした場合には、税込み28728円でした。

しかし、こちらの店舗で購入した場合には、税込み27,280円です。

約1500円お得ですね。

また、272ポイントの付与キャッシュレス5%還元の対象なので、さらにお得です。

 Point 

ポイントなども含めた場合には、合計約3000円ほどお得になります。

 

 

以上がOracle試験をお得に受験する方法です。

 

 

 

IT, 資格

Posted by took