ピックアップ記事
WP Migrationプラグインを使用し、料金をかけずにWordPressサイトを移行

WP Migrationプラグインを使用し、料金をかけずにWordPressサイトを移行

サイトデータのエクスポート

移行前のサイトデータを取得します。

まず、移行前のWordPressサイトに「All-in-One WP Migration」プラグインを導入します。

 

プラグインをインストールし、有効化すると、管理画面メニューに「All-in-One WP Migration」という項目が追加されます。

この中のエクスポートを選択します。

 

エクスポート先から「ファイル」を選択します。

 

エクスポートが完了すると、wpress」拡張子のファイルがダウンロードされます。

 

サイトデータのインポート

移行先にサイトデータをインポートします。

まず、エクスポート時と同様、「All-in-One WP Migration」プラグインを導入します。

 

管理画面メニューに追加された「All-in-One WP Migration」のインポート を選択します。

 

インポート先から「ファイル」を選択し、移行元サイトより取得したwpress」拡張子のファイルを選択します。

 

問題がなければ、これでサイトの移行が完了です。

しかし、ほとんどの場合は、以下のようなメッセージが表示されてしまうと思います。

その場合は、続きの内容(アップロードサイズをあげる)を確認してください。

 

アップロードサイズをあげる

アップロードサイズをあげるには、


の2つの方法があります。

 

1.プラグインで対応

プラグインで対応し、無料の範囲内で利用しようとする場合には、ファイルのアップロードサイズは最大512MBまでです。

サイト内の記事数が300程度までであれば、こちらの方法で対応が可能かと思います。

 

https://import.wp-migration.com/

 

上記のサイトにアクセスし、BasicのDownloadボタンよりダウンロードを開始します。

 

ダウンロードが完了すると、zipファイルが保存されているかと思います。

 

WordPressの管理画面よりプラグイン > 新規プラグインの追加 > プラグインのアップロードから先ほどダウンロードしてきたzipファイルをそのままアップロードします。

※ファイルは解凍せず、zipファイルのままアップロードしてください。

 

All in One WP Migration File Extension」というプラグインが追加されますので、有効化してください。

これでファイルのアップロード制限が512MBに変更されているはずです。

 

 

2. php.iniの設定を変更

作業はサーバにSSHした状態から開始します。

 

まずは、読み込んでいるphp.iniを探します。

php -i | grep php.ini

 

vimを使用し、php.iniを編集します。

vi /path/to/php.ini

 

post_max_size」と「upload_max_filesize」の最大値を変更。

その後、Apacheを再起動し、設定を反映させます。

 

おすすめの記事