ピックアップ記事
WordPress WP Mail SMTPプラグインのGmail設定を行う

WordPress WP Mail SMTPプラグインのGmail設定を行う

WordPressの「WP Mail SMTP」プラグインの設定方法をまとめます。

WP Mail SMTPでは、以下のように様々なメールクライアントが用意されていますが、今回はGmailでの場合の設定を行いたいと思います。

 

Gmailでメールの送受信の設定を行うためには、「クライアントID」と「クライアントシークレット」が必要です。

 

GCPを作成する

Google Cloud Platform(GCP)でプロジェクトを作成し、Gmail APIを使用する申請を出します。

 

まず、GCPへアクセスし、プロジェクトを作成します。

https://console.cloud.google.com/

 

画面左上に「プロジェクトの選択」という部分があるため、そこから新しいプロジェクトを作成します。

 

 

プロジェクト名にはわかりやすいものをつけましょう。

 

メニューより APIとサービス から ダッシュボード を選択します。

 

APIとサービスの有効化をクリック。

 

Gmail APIを追加します。

 

APIとサービスの認証情報より認証情報を作成します。

OAuthクライアントIDを選択してください。

 

OAuth クライアント ID を作成するには、まず同意画面でプロダクト名を設定する必要があります。」とのメッセージが表示されるため、同意画面を設定します。

外部を選択し、作成をクリック。

アプリ名、メールアドレス、承認済みドメインを入力し、次へ。

その後の「スコープ」や「省略可能な情報」は何も入力せず次へ。

 

もう一度、APIとサービス > 認証情報 > 認証情報を作成 > OAuthクライアントIDという手順を行います。

 

アプリケーションの種類には、ウェブアプリケーションを選択し、適当な名前をつけます。

 

作成を押すと、以下のように「クライアントID」と「クライアントシークレット」が発行されると思います。

こちらをWordPressの「WP Mail SMTP」プラグインに設定します。

 

クライアントIDとクライアントシークレットを設定できたら、Authorized redirect URLをコピーします。

 

コピーしてきたAuthorized redirect URLをGCPの承認済みのURLに追加します。

 

もう一度、WordPressに戻り、Allow plgin to send emails using your Google accountというボタンをクリックし、該当のGoogleアカウントでログインすれば設定が完了です。

おすすめの記事