ピックアップ記事
UnityプロジェクトをGitで管理するために行ったこと

UnityプロジェクトをGitで管理するために行ったこと

UnityをGitで管理するために行ったことを記録します。

 

Gitの操作にはSorcetreeが便利そうだったので、使用してみました。

ダウンロードは以下のリンクからどうぞ。

https://www.sourcetreeapp.com/

 

sorcetreeを起動すると、以下のような画面になっていると思います。

 

 

右上の歯車マークをクリックし、アカウントを選択します。

 

以下のような画面が表示されたら、左下にある追加を選択します。

追加を選択することで、アカウント情報の入力画面が出てきます。

 

ホスト GitHub
認証タイプ Basic
ユーザ名 GitHubのユーザ名
パスワード GitHubのパスワード
プロトコル SSH

 

このように設定します。

もし、GitHubアカウントがない場合は、以下のリンクからサインアップを選択し、アカウントを作成しましょう。

https://github.co.jp/

 

入力が完了したらキーを生成を選択し、パスワードを入力します。

このパスワードは、sshキーに紐づけられるパスワードです。

 

鍵が生成できたら、クリップボードにコピーを選択します。

 

生成した鍵をGitHubアカウントに紐付けます。

以下のリンク、もしくはGitHibのSettings > SSH and GPG keysを開きます。

https://github.com/settings/keys

 

New SSH keyを選択します。

 

 

Titleには、自身がわかりやすい名前で良いです。

私の場合は、sorcetreeKeyとしています。

Keyには、先ほどクリップボードにコピーしたsshキーを貼り付けます。

 

これでsshキーの紐付けが完了しました。

 

Sorcetreeにプロジェクトを追加する

新規をクリックします。

既にunityでプロジェクトを作成している場合は、既存のローカルリポジトリを追加を押します。

 

GitHubにリポジトリを用意していない場合は、リモートリポジトリも作成するにチェックを入れておきます。

私の場合は、既に用意済みだったため、今回はチェックを外した状態で作成を押します。

 

作成されたら、そのプロジェクト名をダブルクリックします。

すると、このようなウィンドウが表示されるはずです。

次に、このローカルのリポジトリとリモートのリポジトリを紐付けます。

 

上部メニューよりリポジトリ > リポジトリの設定を選択します。

 

ウィンドウが表示されたら、追加を選択します。

 

すると以下のような画面が表示されます。

 

リモートの名前には、任意の名前を入力。(わかりやすい名前)
URL/パスには、GitHubのリポジトリURLを入力します。

GitHubのリポジトリURLは、https://github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git となると思います。

 

これで利用するための準備が完了です。

 

gitignoreを設定する

gitignoreとは?

教科書的にいうと、.gitignoreとは、Gitリポジトリにおいて、意図的に追跡対象から外したい(無視したい)ファイルを設定するためのファイルです。

 

これを設定していないと必要のないファイルまで、管理することになってしまいます。

また、それによってアップロードサイズのエラーなどが発生しても面倒なので、設定しておくことをお勧めします。

 

Sorcetreeでは設定方法が用意されているので、そちらで設定していきます。

まず、該当のプロジェクトをsorcertreeで開きます。

 

その後、上部メニューよりリポジトリ > リポジトリの設定を選択。

高度な設定へ移動します。

 

リポジトリ限定無視リストの編集を選択します。

.gitignoreのファイルが開かれました。

こちらに設定を記述します。

 

設定内容については、以下の記事が参考になりました。

https://qiita.com/nariya/items/97afba6b7b448920cdf0

 

これで設定が完了です。

おすすめの記事