ドキュメント作成時間を大幅に短縮するWindows便利コマンド

ショートカット、そんなもん知っとるわって思った人。

ちょっと待って!!

ここでは、Ctrl + C(コピー)や Ctrl + V (貼り付け) など、誰でも知っているショートカットコマンドではなく、マイナーであまり知られていないけども、とても便利なコマンドを紹介しようと思います。

スクリーンショットを撮影する

Windowsでは、スクリーンショットを撮影するコマンドが用意されています。

方法は複数あり、ページ全体を撮影する「prt scボタン」 や 標準アプリの「snipping tool」など。

でも実はこれらよりも便利な機能が用意されているのです。

それは、「 Windows + Shift + S 」

このコマンドを使用することで、画面の好きな箇所を選択し、キャプチャすることができます。

しかも、キャプチャした画面は、Excellなどに直接貼り付けることができるため、ドキュメント作成の効率化に大幅に役立つこと間違いなしです。

これは、Macでいうところの「 Shift + command + 4」と似たような動作ですね。

クリップボードの履歴から貼り付けを行う

コマンドで一番よく利用するのが Ctrl + C (コピー)や Ctrl + V (貼り付け) かと思いますが、せっかくコピーしてクリップボードに内容を保存したのに、関係ない情報をコピーして上書きしてしまって。

あぁ、またコピーし直さなければ…。

こんな経験ありませんか?

このコマンドを知っていれば、そんなことに困らされることはありません。

それは、 「 Windows + V 」

最初にこのコマンドを実行し、オンにしておくことで、それ以降の履歴は保存され、それを参照することができます。

例えば、こんな感じ。

履歴は最大25件まで保存できるようです。

覚えたコマンドを組み合わせて使ってみよう

先ほどコマンド2つは、合わせて使用することができます。

Windows + Shift + S でキャプチャを複数取得し、Windows + V で履歴を参照すると…

この通り!

大量のキャプチャを呼び出すことができました。

IT, PC基本操作

Posted by took