ピックアップ記事
iosアプリリリース時、「Appプレビューとスクリーンショット」に必要なファイル

iosアプリリリース時、「Appプレビューとスクリーンショット」に必要なファイル

iosアプリリリース時に、必要となるスクリーンショットの画面サイズは合計4種必要となるようです。

この記事では、どのようなファイルを準備する必要があるのか、解説していこうと思います。

 

必要なファイル

 

最大3個のAppプレビュー(M4V、MP4、MOVのいずれかで500MB以内

最大10個のスクリーンショット (JPGまたはPNG形式で、RGB色空間を使用する必要がある

が設定できるようです。

 

スクリーンショット が必要となる端末は以下の通りです。

iPhone 6.5インチ(iPhone 11 Pro Max)
iPhone 5.5インチ(iPhone 8 Plus)
iPad Pro(第3世代) 12.9インチ
iPad Pro(第2世代) 12.9インチ

 

これらの端末のスクリーンショット を取得するには、iPhoneシュミレーターを使用します。

もし、Unityで開発している場合には、以下の記事が役に立つと思います。

 

スクリーンショット の撮り方

シュミレータを起動後、右上にあるカメラマークをクリックすることでスクリーンショット を作成することができます。

何も設定をしていなければ、デスクトップに写真が保存されると思います。

 

シュミレータに端末が存在しない時

XCodeのシュミレータの端末を選択時に、使用したい端末が存在しない場合は、Add Additional Simulatorsを選択してください。

 

次のような画面が表示されたら、左下にある「+」ボタンをクリックします。

 

Device Typeをクリックし、追加したいデバイスを選択しましょう。

Simulator Nameは、名前を設定しなければ、placeholderに書かれた名前が設定されるため、特に設定する必要はないです。

おすすめの記事