【未経験からの転職】プログラマカレッジに通っていました – ブラック企業への就職は?評判は?私の体験談

2020年1月27日

私は以前、プログラマカレッジというプログラミングスクールに通っていました。

実際に通い始めてからの不安はありませんでしたが、

 通い始めるまではブラック企業へ就職することになるのでは?

 しっかりとした指導を受けることができるのか?

など不安が多かったです。

今後同じようにプログラミングスクールに通うことも迷っている方のそんな悩みを解決するために、記事を投稿します。

 

 

 

2018年8月からinternousという企業が行う、プログラマカレッジというプログラミングスクールに通っていました。

通い始めた理由は、ITエンジニアになるためです。

私はIT未経験で、全く繋がりのない他業種からの転職だったため、業務に必要な知識を身につけるためにスクールに通い始めました。

スクールに通い始める前の知識は、ほとんどゼロの状態で、実務をやりながら学んだ方が速いだろうという考えで、とにかく就職することだけを考えていました。

このスクールを選んだポイントですが、無料であり、途中でやめてしまっても違約金がかからないというところが魅力的で選びました。

これは、すごく魅力的な部分であり、他のスクールだと、3か月間で30~60万円ほど費用が発生したり、途中でやめてしまった場合に違約金がかかってしまう、という部分が気になり躊躇していたため、かなり有難かったです。

 

6月末まで愛知県で仕事をしていたのですが、スクールに通うために上京し、7月から東京近辺のシェアハウスに引っ越し、生活していました。

 

通っていたコース

 

internousが行っているプログラマカレッジというスクールでは、

 プログラマを目指す人向けのコース

 インフラエンジニアを目指す人向けのコース

があり、私はプログラマ志望のため、プログラマを目指す人向けのコースを選択しました。

 

さらに、プログラマのコースの中でも、

 平日5日間コース

 夜間コース

という選択がありましたが、私は平日5日間コースを選択しました。

夜間コースでは、自分のペースで学習を進められるため、バイトをしながら通う人が多いようでしたが、

私の場合は、継続できなくなる恐れがあったため、平日5日間コースにしました。

 

夜間コースだった人の話を聞いていると、平日5日間コースの方がサポートが手厚かったように感じます。

 

通ってみて感じたこと

 

人数は、月ごとに30人まで。

年齢は、21~28歳で、24歳の人が多かったように感じました。

経歴は、様々で、大学卒業後、すぐに通い始めた人。

務めていた会社が倒産し、転職のために通い始めた人。

トラック運転手から転職のために通い始めた人。

そんな人たちがいました。

社会経験のある人も多く、みんな真剣に取り組んでおり、その影響を受け、私自身、成長できたと感じています。

 

 Point 

人数制限があるので、通い始める予定の一か月前には申し込みをしておくと良いと思います。

 

 

学校の雰囲気

オフィス内は、かなり綺麗でした。

授業中には、ジブリの音楽が流れていて、集中できるような環境です。

イヤホンで音楽聞きながらでも問題なく、半分以上の人はイヤホンをつけていましたが笑

休憩時間はみんなでワイワイしていて、学生時代に戻ったようでした。

学習に専念できる環境でもありますが、普通に楽しかったです。



授業内容について

 

授業は3ヶ月間あり、1,2か月目は、自習のような形で進め、わからない部分を講師に質問します。

1か月目の序盤は、4eachというサイトで学習を進めます。

 

…なんかサイトが進化してました。

私が通っていた頃は、このサイトにある動画学習を見て、写経をしての繰り返しです。

※ 写経とは、サンプルコードを写して書くことです

 

HTML/CSS

JavaScript

JQuery/XAMPP&MySQL/コマンドプロンプト

PHP

Java

Javaオブジェクト指向

Javaとデータベース接続

JSP、Servlet

ログイン認証

ECサイト初級、中級

 

という項目に分かれています。

項目ごとに簡単な演習問題があり、合格しないと、次に進めないようになっています。

 

項目のJavaまでは4eachで進めますが、

その後は、スライドを渡され、それに沿って学習を進めていきます。

 

PHPなどの言語も出てきますが、メインで学ぶ言語はJavaです。

 

もし、2か月目終了までに学習を終えた人がいれば、その人は、3ヶ月目に行う「チームでのECサイト制作」の予習や資格試験のための自習などを行います。

 

3ヶ月目はチームでのECサイト制作を行います。

仕様書通りの機能になるようにECサイトを作成します。

チームは、3チーム8人に分かれ、開発を行いました。

3チーム8人….ん?と思った鋭い方がいるかもしれませんが、途中ついていけずやめていった人、チーム制作に加わるべきじゃないと判断され個人製作に切り替わった人などもいます。

 

実装する機能は以下の12機能

・ユーザ登録機能

・ログイン認証機能

・パスワード再設定機能

・商品一覧機能&商品詳細機能

・商品検索機能

・カート機能

・宛先情報選択機能

・宛先情報登録機能

・決済完了機能

・マイページ機能

・商品購入履歴機能

・ログアウト機能

 

これらを実装し、コードレビューを受け、おっけいが出たら、デザインを仕上げます。

デザインまで終わったら、単体試験、シナリオテスト、モンキーテストを実施し、指摘があった部分を修正します。

ざっくりとした説明だったかもしれませんが、授業内容はこんな感じでした。

 

こちらは、以前にツイートしたものなのですが、実際に使用していた資料の写真です。

 

 

就職先はブラックなの?

 

就職時には、数百社ある募集中の企業に書類を一斉送信し、書類が通った会社に面接に行く流れです。

 

私の場合は、書類が何社通ったかは通知されず、担当者が優良企業を選び、面接の日程を組んでくれるため、その予定通りに面接に向かうような形でした。

このやり方は、就活担当者によって、変わるようです。

 

2週間で面接を11社受け、4社内定、6社一時通過、1社不採用という状態で、就職先を決めました。

高卒、IT未経験の私でもこの結果だったので、就職先には困らなそうです。

また、就職後ですが、大体の就職先には、同じスクールの先輩がいる場合が多く、安心感も強いです。

ただ、人によっては、開発をなかなかできない人も。

 

 

 ブラック企業に入る可能性は? 

ブラック企業に入ってしまう可能性はあります。

しかし、卒業生の意見を聞いて、評判の悪いところは紹介しない等の対策をしている分、確率は低くなっていると思います。

また、未経験の状態では入社できるだけでも有難いかと。

 

 

 

 

私が実際に通ってみて感じたこと

 

正直1,2か月目は、家で勉強してても、そんなに変わらないなと思いました。

わからないことを質問できる相手がいて、やることが資料化されている部分においては良いと思いますが、通っている間はこんなことでいいのか不安でいっぱいでした。

3か月目には、チーム制作をやりますが、私はこれもあんまり良くなかったと感じました。

チーム制作をやれるプログラミングスクールはほとんどないため、そこがプログラマカレッジのアピールポイントのようでしたが、そこから学べることはそんなに多くないと感じました。

 

ここまで、悪い部分ばかりをあげましたが、良い部分もあります。

同じ目標をもって勉強する仲間がいることでモチベーションが高められる。

・周りの速度を気にせず、自分のペースで学習することができる。

・わからないことは、すぐに聞けることができる。

・授業料が無料。(他スクールだと30万ほど)

・就職率が高い。(3ヶ月間の講習が終了すれば、就職先に困ることはないでしょう)

といった部分は、とても良かったです。

通っているときには、不安、不満もありましたが、結果的には、このスクールに通って正解だったと思っています。

このスクールで学ぶJavaという言語は、とてもめんどくさい言語なのですが、

初めて学ぶ言語としては優秀で、他の言語を学ぶ際のハードルがかなり下がります。

そのため、しっかりとJavaの基礎を得た後に他の言語を学ぶのも良いでしょう。

私は、このスクール期間内にJava Goldという資格を取得し、就職後は、主にPHPという言語を使用し、開発をしています。

また、現在でも当時のスクール仲間と連絡を取りあい、飲みに行く仲なので、それがこのスクールでの一番の収穫だったと感じています。

 

質問等あればお問い合わせフォーム または twitterのDM(変な挨拶系は基本返信しません)からどうぞ。

 

プログラマカレッジ開催の同窓会にも参加しました

 

卒業生を対象にした同窓会が行われ、フリーランスエンジニアの方とお話をする機会や、社員募集中の自社開発企業の方々とお話する機会をいただきました。

記事へのリンクを張っておきますので、興味のある方は、こちらからどうぞ。

 

 

 

興味があるという方は、無料体験などもやっているので、行ってみてはいかがでしょうか?

(参加するとQUOカード1000円分がもらえます)

↓↓↓