未分類

プログラマカレッジの同窓会に参加してきました

更新日:

私が、以前通っていたプログラミングスクールである「プログラマカレッジ」の同窓会が10月5日に行われたので、参加してきました。

 

プログラマカレッジについて気になる方は、こちらの記事を確認してください。

【未経験からの転職】私はプログラミングスクールに通っていました

 

 

対象となった参加者は、「2014~2018年9月生のプログラマカレッジ生」とのことでした。

今までの卒業生は、推定ですが、

ひと月に30人 x 4年9ヶ月(56ヶ月) = 1680名 

のため、約1700名に声がかかったことになりますね。

 

場所は、半蔵門のLIFULLTableで開催され、

参加人数は、100名まででしたが、当日キャンセルの方も多く、50名程度が参加しました。

※ 会場(LIFULLTable)の入り口

 

また、参加者は卒業生以外に

internousの代表や講師の方々、

自社開発を行っている企業の方々、

フリーランスエンジニアの方などがいました。

 

プログラマカレッジの卒業生は、

就職斡旋で、主に客先常駐(SES)の会社に入社しましたが、

入社後、実力をつけ、自社開発企業に転職したり、フリーランスになるのは、

自由ということで、自社開発企業の方にお話を聞く機会や

フリーランスの方にお話しを聞く機会をいただきました。

こういった会を定期的に開いてくれると嬉しいですね。

 

 

 

 

何が目的だったのか

招待される側としては、嬉しいことですが、

招待する側がどういった目的で開催したのか、気になるところです。

 

参加費は無料。

会場には、大量のお酒や肉が用意され、アンケートに答えることで500円分のQUOカードをいただきました。

これで、主催者側に何か得があったのか。

 

おそらくですが、

プログラマカレッジから就職した人達の満足度の確認をしているようでした。

紹介した企業に問題がなかったか、実際に意見を聞くことで、今後の紹介先を決めているようです。

また、実力をつけ、フリーランスになりたい人がいれば、案件を紹介することで、利益を生み出そうとしているようでした。

 

こちらとしては、もの凄く有難い会でした。

 

 

-未分類

Copyright© エンジニアの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.