Engineer's stairs

エンジニアの階段

未分類

【BOM】プログラムはテキストエディタで編集してはいけない!その理由と落とし穴

投稿日:

何故か1行目でエラーがでる。

エラーメッセージには、/feffが…などよくわからないメッセージが。

そんな時は、BOM(ボム)が原因です。

BOMとは

バイトオーダーマーク(byte order mark)の略称です。

プログラムがテキストデータを読み込む時、その先頭の数バイトからそのデータがUnicodeで表現されていること、また符号化形式(エンコーディング)としてどれを使用しているかを判別できるようにしたものである。
wikipedia参照

 

うーん、よくわからない。

実際にどういうときにBOMがつくのか確認してみましょう。

タイトルにもありますが、修正箇所がわかっているからとテキストエディタで修正したときなどにBOMがつきます。

(Eclipse等で修正した場合はつきません)

BOMがついているかどうか確認するには、サクラエディタを使います。

確認したいファイルをサクラエディタで開き、ファイル>名前をつけて保存を押す。

そうするとBOMの欄が。

テキストエディタで編集するとここにチェックがつき、

チェックがついていることでエラーが出ることがあるので、もしチェックがついていたら外しておきましょう。

-未分類

Copyright© エンジニアの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.