Engineer's stairs

エンジニアの階段

未分類

Eclipse Neon(version4.6)にTomcat Pluginを導入手順を解説

投稿日:

記事にするほどのものではないかもしれませんが、Eclipse4.6の場合は、Full EditionをインストールしてもTomcat Pluginが導入されていないので、その導入手順についてまとめました。

 

導入手順

まずは、外部サイトからインストールする方法から説明します。

https://ja.osdn.net/projects/sfnet_tomcatplugin/downloads/updatesite/plugins/net.sf.eclipse.tomcat_9.1.2.jar/

上記サイトで、tomcat plugin9.1.2をダウンロードし、

「net.sf.eclipse.tomcat_9.1.2.jar」を入手します。

 

導入対象のeclipseフォルダの下にあるpluginsフォルダに先ほどダウンロードしたjarファイルを追加します。

私のパソコンで言うと、

C:\pleiades-4.6.3-java-win-64bit-jre_20170422\pleiades\eclipse\plugins

の場所です。

 

ファイルを追加したら、eclipseを再起動すれば完了です。

ツールバーに猫のマークが追加されていることを確認してください。

 

もし存在しない場合は、下記のインストールが上手くいかない時を参照してください。

 

他にも、eclipse内から直接ダウンロードする方法もあります。

ヘルプ > Eclipseマーケットプレース

を選択します。

検索欄にて「tomcat」を検索すると、猫のマークで「Tomcat Plugin 9.1.4」というものがあるので、インストールを押せば完了です。

 

インストールが上手くいかない時

eclipseをクリーンしてみましょう。

windowsの場合、windowsキー + R を同時に押すと、

このような画面が表示されますので、「cmd」と入力し、OKを押すことでコマンドプロンプトを起動することができます。

 

コマンドプロンプトで、eclipse.exeが存在する場所まで移動し、「eclipse -clean」コマンドを実行します。

すると、このような画面が出た後、再起動されます。

 

クリーンを実行しても、ダメだった場合

ウィンドウ > パースペクティブ > パースペクティブのカスタマイズ

を選択します。

この画像では、メニューの可視性を開いていますが、Tomcatのアイコンの表示・非表示は、ツールバーの可視性のところですね。

ここで、Tomcatにチェックを入れるとアイコンが表示されるようになります。

 

もしこの画面にもTomcatの項目が存在していない場合は、導入ができていないです。

導入したいTomcat Pluginが使用しているEclipseをサポートしているか確認してください。

Eclipse Neonを使用している方は、Tomcat PluginV331の導入を考える方も多いと思いますが、こちらはサポートされていないので気を付けてくださいね。

-未分類

Copyright© エンジニアの階段 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.